2016年12月24日 / by admin

医師の世界ではバイトするのが当たり前!?なぜ医師はそこまでして働くのか

医師は同じ病院に一生勤務するわけではない

医師免許を取得した者のみがなれる医師の仕事は、常勤医として勤務するか開業医となるか2種類に分かれます。常勤医として働く場合であっても、扱いは個人事業主に近いもので、一生その病院へ勤務を続けるとは限りません。良い勤務先の病院が見つかれば、随時移動して行くことが多いことは、外部にはあまり知られていない状況です。契約年数が決まっている場合が多く、常に契約を更新しているにすぎません。常勤医だからという理由で、一生同じ病院に勤務する義務はありません。

元々週1日や2日はバイトする風習がある

医師の多くは、常勤医として週5日勤務を行っていますが、中には週4日勤務の人もいます。休日が多いと感じるかもしれませんが、実際に医師の大半は休日を週1日としている人が多いです。なぜなら、常勤医として勤務していない日には、出身大学で医療の研究活動に充てている医師もいれば、他の病院で医師としてバイトをしているケースが多くなっています。常勤医の報酬よりもバイト医師の報酬は多く設定されているので、習慣として週6日勤務が多く行われています。

次の勤務先を常に確保しておく

常勤医として働きながら、医師のバイトをする理由が分かりにくいと感じるでしょう。しかし、常勤医として勤務していても、その病院での勤務が一生保障されているわけではなく、多くの医師が途中で他の病院へ移動するか開業するかの道を選ぶことになります。実際に、全く知らない病院へ行くことは抵抗がある人もすくなくありません。バイト医師として勤務した病院で常勤医として誘われることも多いので、医師はバイトをしながら転職活動をしているとも言えるわけです。

医師のバイトは時給がとても高いです。なので、稼ぎたいという人にはおすすめのバイトです。やったことがない人は一度やってみましょう。