2016年12月23日 / by admin

こんなにあったんだ!! 歯科医師求人数の現状

「コンビニよりも多い」と言われた歯科医院ですが

厚生労働省から歯科医師過剰問題が取沙汰され、また、歯科医院の数に至っては、「コンビニの数よりも多い・・・」とまで揶揄され久しくなりましたが、最近の歯科医師や歯科医院を取り巻く現状は少し変わってきているようです。インターネット上に展開されている様々な歯科医師求人サイトをのぞいてみると、そこには歯科医院を経営する先生方からの求人が、北は北海道、南は九州・沖縄まで全国津々浦々におよんでおり、「引く手あまた」と言った状態。一頃ささやかれていた「貧乏歯医者」や「ワーキングプアな歯科医師」、といった印象はどこにも感じられず、まさしく「売り手市場」、といった様相です。

肝心の募集内容も充実!

そして肝心なのは、その「中身」でしょうか。給与面においては、下は安くても月収30万円、上に至っては月収100万円以上出す歯科医院もザラ!中には月収200万円以上や300万円以上を出す歯科医院もあるほどです。また、年に一度、海外への職員旅行を行うなどの福利厚生面が充実している医院や、スキルアップをはかりたい先生方のための研修制度、各種の学会参加費用なども雇用者側で負担してくれるなど、至れり尽くせりです。

これからが狙い目の「超穴場職業」かも!

もはや歯科医師は一時の「負け組」ではなく、これからはむしろ狙い目の「超穴場職業」かもしれませんね。現役の歯医者さんはもちろん、すでに歯学を学んでいる歯学部の学生さん、これから歯学部進学を考えている高校生のみなさんやその保護者の方も、是非一度、歯科医師の求人サイトを御覧になってみてはいかがでしょうか。少なからず、これまで抱いていた歯科医師や歯科医院、歯科医療全体に対する考え方が変わってくるかもしれませんよ!

歯科医師の求人の勤務条件は、それぞれの事業所の人事のシステムに影響を受けるため、入念に募集要項をチェックすることがおすすめです。